イベントナース 求人

単発バイトはMCナースネット

コンサート、マラソン大会、芸術祭などなどのイベントにも看護師は活躍!
イベントナースの単発バイトはMCナースネットにお任せ!
イベントナースはこちら

看護師の単発 サイトトップ > ツアーナース・イベントナース > イベントナースの求人

人気のイベントナース

ツアーナースと並んでイベントナースも人気がある単発バイトです。
イベントナースはツアーナースと比べて、年間を通して求人があるのも特徴です。

イベントナースのバイトコンサート、ライブ、スポーツ、展示会、さらにディズニーランドなどイベントが行われているところでは、怪我人や急病人もつきものです。

イベントは土日祝日に開催されるものが多いため、副業として行っている看護師さんも多くいます。
その仕事はイベント会場に設置された救護室に待機して、怪我や体調が悪くなった人たちの応急処置をするといったことになります。

誰も来なければ、自分の自由時間です。読書をしたりしていても何も咎められることはありません。
看護師の経験が2,3年以上あれば歓迎されます。中には外来の経験がある看護師を求めるケースもある様です。

イベントナースはMCナースネットで扱っているので、興味がありました、まずは登録してみて下さい。

こちらから登録して下さい。
イベントナース
登録はこちら≪MC─ナースネット≫

イベントナースの仕事について

イベントナースの仕事は特に難しいことではありません。
その流れは下記の通りになります。

◇事前打ち合わせ(求人によっては無いこともあります。)

◇傷病者など、救護の必要な方がいれば随時対応

◇救護記録の記入

イベントナースの中には忙しいものからあまり忙しくないものまであります。
その中で忙しいイベントナースの例を紹介します。

イベントによっては多忙な場合も

夏の甲子園でバイトした看護師さんのケースですが、
甲子園球場でのイベントナースの単発バイト時期も時期だけに脱水症になったり、時には熱中症になったり、捻挫など、忙しかったという看護師さんもいます。

イベントナースはいつもの病院での勤務と場所も全く違うし、予想しなかった症状を訴えてくる人もいます。

ある意味、緊張感があり、かつ新鮮な仕事ではないでしょうか?
看護師さんで副業を行ってみたいという人には一度は経験してみると新しい発見があるかもしれません。

イベントナースの時給

イベントナースの時給はどうかと思い、MCナースネットの求人を調べてみました。
時給という表示ではなく、多くは日給いくらという表示がされていました。

イベントナースの勤務形態が1日単位ということからでしょう。
1日8時間のケースですと、12,000円ほどが相場となっています。となると時給は1,500円となります。
とは言ってもイベントナースはイベントの主催者によって、またその内容によって設定も色々となってきます。

看護師さんも年齢によって単発バイトの選び方も異なります。自分に合った単発バイトを見つけて下さい。

看護師の単発バイトならMCナースネット
登録はこちら≪MC─ナースネット≫

ディズニーランドのイベントナースの求人

看護師で副業を探している人に人気なのはイベントナースの仕事です。

イベントナースの職場はコンサート会場やアミューズメントパークなどで仕事をすることになりますが、その中でも人気が高いのはディズニーランドです。
ですが、ディズニーランドの求人はハローワークでは見つけられません。

ディズニーランドの求人の多くは単発や短期バイトですが、看護師の求人サイトを利用すれば見つけることが出来ます。
その代わり、人気が高い分、倍率も高いです。
そのため、ディズニーランドでイベントナースとして働きたいなら、求人が出たらすぐに連絡をもらえるようにしておくといいですね。

ただし、常にある求人ではないので、登録して他に興味のある単発を入れてはいかがでしょうか?
他にも興味のある単発バイトも見つかるかもしれません。

ディズニーランドでの仕事内容

ディズニーランドには8ケ所ほどに救護室が設置されており、それぞれに3~5名の看護師がチーム体制で待機しています。

イベントナース(ディズニーランド)のバイトディズニーランドでのイベントナースの仕事内容は基本的に救護室で待機して、体調が悪くなった人や怪我をした人が来たら適切な処置をします。

ほとんどは軽い怪我の応急処置で、少し休憩すれば回復するような人の処置をします。
救護室にある薬は、鎮痛剤や風邪薬など一般的な薬ばかりです。医者はいないので治療は行いません。

ですので、治療が必要な人には病院に行ってもらいます。病院に行けそうにない場合は救急車を呼びます。
高度な医療技術は必要ないので、ブランクがある人も安心です。いろいろな特典もあるのでいいです。

私はMCナースネットに登録して、イベントナースの仕事を紹介してもらっています。
イベントナース(ディズニーランド)のバイトつい最近、ディズニーランドの仕事を紹介してもらいました。

私はディズニーランドを始めとするアミューズメントが好きで、楽しみながら働けるかなと思い、その仕事に飛びついてしまいました。

救護室で待機して、体調が悪くなったり、ケガをしたお客さんに対して手当をするのが仕事です。
救護室で対応するのは簡単な処置だけです。

重症な時には病院に搬送するので、気分的にもストレスにはなりません。
現在はクリニックで働いているので、副業としてはこのディズニーランドのイベントナースは最高です。

一度、経験して仕事として気にいったので、MSナースネットのコンサルタントに事情を話し、仕事が入った時には優先的に紹介してもらうようにお願いしています。

ディズニーランドが好きな人なら楽しみながら働けるでしょう。
とは言ってもアトラクションを楽しんだりパレードを見たりすることはできませんが、賑やかな雰囲気を味わえます。

興味がある人はMCナースネットに登録しましょう。

ディズニーランドのイベントナース、登録しないと出来ませんよ
看護師の単発バイトならMCナースネット
登録はこちら≪MC─ナースネット≫
MCナースネット

人気のイベントナース/コンサート・ライブ

今、人気のあるイベントナース。その中でもコンサートやライブにおける「イベントナース」は若い人はもちろんのこと、一度はやってみたいと思うのではないでしょうか。

イベント・コンサートの単発バイトイベントナースとは、文字通りコンサートやライブ、スポーツなどのイベントで突発的な怪我や病気に対して備えて待機する看護師のことを言います。

何事もなければ救護室などで待機して、怪我人が出た場合などには速やかに対処を行います。

コンサート、ライブといったイベントは、平日よりも週末やゴールデンウィーク、年始年末などに求人が多くでます。
基本的にはそのイベントが終われば終了するお仕事のため、都合がつく場合には働きやすいアルバイトとして人気です。

夏の場合は、野外コンサートなどで熱中症などに気をつける必要があります。
スポーツになると観戦中にお酒を飲んで喧嘩になって怪我をするケースや、打撲や捻挫をした選手などの処置も行うケースがあります。

いつもとは違う勤務地で、いつもとは異なる症状の患者を相手にするということは新鮮な経験になるという人もいます。
ただし、コンサートやライブの会場には入れず、歌などを聞くことはできませんので、お間違いなく。

しかし、ライブなどの楽しい雰囲気は感じることは出来ると思います。

コンサート、ライブの救護とは

炎天下で演奏が行われる場合は熱中症、脱水症などで体調不良を訴えてくる患者さんが多いです。
持病がある人は注意して救護に当たらなければなりません。

イベントナースのバイト救護室には医師がいないことが多いので、応急処置を施し、場合によっては救急車で病院に運ばなければならないこともあります。

ちょっと信じられないかもしれませんが、コンサートで興奮しすぎて過呼吸になってしまったり、熱を出す人もいます。
あらゆる事態を想定して、ビニール袋を用意したり、アイスノンのようなものが用意されていることもあります。

中には脳卒中を引き起こすといった話を聞いたことがあります。
コンサートと言ってもそのコンサートがジャニーズ系ならば、若者が多く、演歌歌手などになると年配が多いといった様に、そのコンサートの年齢層を把握して、どんな事態が起こりやすいかを想定することも必要です。

コンサート、ライブを見ることはできない

コンサートやライブのイベントナースはその様子を見ることができるのかと思われる様ですが、実際に経験した友人から話を聞いたのですが、「残念ながら見ることができなかった」というのが回答でした。

イベントナースのバイトそこは防音設備がしっかり完備されていた(今ではほとんどだと思います。)ので、見ることはもちろん、音も聞こえかったそうです。

仕事は医務室で待機するのですが、1人で待機しているわけですが、その時は体調不良を訴える人が来なかったので、仕事はすごく楽だったそうです。
本をもっていったので、ずっと読んでいたそうです。

給料は4時間という短時間でしたが、8,000円でした。割の良い副業でした。

コンサートなどのイベントナース、登録しないと出来ませんよ
看護師の単発バイトならMCナースネット
登録はこちら≪MC─ナースネット≫
MCナースネット

イベントナースのメリット・デメリット

イベントナースはスポット、すなわち1日単位のバイトが多いので、自分のライフスタイルに合わせて働くことができます。

また本業の休日とあえば副業としても仕事がしやすいと思います。
そのため、副業としてこのイベントナースを選ぶ看護師さんもいます。

イベントナースのメリットとデメリットさらに子どもが小さいからまだ働くことはできないけれど、たまに仕事がしたいという時にも無理がない様に親に頼み、働くことができます。

さらにイベントナースの仕事は待機になるので、待機だけで何も処置をしないで済むこともあります。

待機するだけで、給料がもらえるのは割の良い仕事と言えます。

さらに、副業として入れている人はいつもの仕事と全く異なるために気分転換にもなります。

ただ、自分にあったイベントナースの仕事が常に見つかるという保障はありません。
そのため、安定して収入を得ることは難しいと言えます。

中には、ここで紹介させていただいた夏の甲子園の様に予想以上に忙しい仕事もあります。

イベントナースは屋外、屋内、季節によっても怪我人などは左右されます。
また医師がいないので、判断力も必要とされることもあります。

そのために臨床経験が必要だということにもなります。

イベントナースに向いている人とは

基本的には、状況に応じて臨機応変に対応できる能力が求められますが、看護の現場で3年ほどの経験があれば、対応は可能といわれています。

イベントの内容にもよりますが、興奮しすぎて怪我をする、炎天下のもとによるイベントは熱中症、といったことなど、あらかじめイベントの内容によって、起こりうるべきことも想定できるでしょう。

場合によっても誰も来ることがなかったということもありますが、常に緊張感をもって仕事に臨むことが大切となります。

イベントナース対応可能な地域

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県