単発バイト メリット・デメリット

単発バイトはMCナースネット

看護師の単発バイト サイトトップ > 単発・スポット > 単発バイトのメリット・デメリット

看護師の単発バイトのメリット、デメリット

単発バイトのメリットはたくさんあり、多くの看護師さんが行っています。
副業として、また育児の合間に、気軽にできるお仕事ではないでしょうか?しかし、良いことばかりではありません。
どんなことでもメリットがあれば、デメリットもあります。

ここでは単発バイトのメリット・デメリットを見ていきたいと思います。そしてこのメリット・デメリットを理解した上で自分のライフスタイルにあった単発バイトを行うようにしましょう。

看護師の単発バイトならMCナースネット
登録はこちら≪MC─ナースネット≫

単発バイトのメリット

単発バイトの最大のメリットは好きな時間に働くことができるということです。
看護師の単発バイト育児中、お小遣い稼ぎ、また転職で次の仕事を見つけるまでのつなぎであったり、働き方は色々です。

残業などもなく、1日の中でも時間を決めて働くことができます。
プライベートの時間も確保ができます。

中にはWワークとして、この単発バイトを入れている看護師さんもいます。
収入面でピンチになった時には、働いた次の日に収入が入ってくるので、助かりますね。

単発のバイトの魅力は高時給!

看護師の単発バイトは何といっても時給が良いので、人気があります。

例えば、

デイサービス(時給1,800円)、老人ホーム夜勤(1日32,000円)、老人ホーム日勤(時給2,000円)、巡回入浴(日給16,300円)、クリニック(時給1,500円)、デイサービス(時給1,650円)他

といった求人がMCナースネットにはあります。

看護師の単発バイトこれは看護師の資格をもっているからこそ可能な単価であり、もし、看護師の資格をもっていなく、バイトをしようとするのなら、時給900円、良くて1,000円ということになります。

バイタルチェック、薬の準備、食事や診察の介助といった業務が多いので、ブランクがあっても安心して働くことができます。

ブランクがある人はこの単発バイトを行うことで自信がつくのではないでしょうか?

単発バイトが人気の理由、わかりましたか?
もし、悩んでいたら、まずは登録してみて下さい。
コンサルタントがあなたに合った単発バイトを紹介してくれますよ。

看護師の単発バイトならMCナースネット
登録はこちら≪MC─ナースネット≫

単発バイトのデメリット

その一方では、副業と言っても確定申告をしなければなりません。(単発を専門に行っていて、家族の扶養範囲なら必要ありませんが。)
看護師の単発バイト、確定申告何かのトラブルが起こらないためにも必要がありますよね。

でも、確定申告をしたからといって、本業にばれることはないので、心配はありません。
というより、知っていても何も言わない、要は単発バイトは暗黙の了解にもなってきていると言えます。(ただし、本業に支障をきたすと、問題になりますので、ご注意を)

また、公務員になると、副業は禁じられているので、注意しなければなりません。
実際、副業は禁じられているのに、ばれないと思って何回か行っていた人が、ある日突然解雇されたという例も聞いています。

単発バイトは緊急性を必要とする求人となるため、ドタキャンは基本NGとなります。

メリットはもちろん、デメリットを理解した上で、登録することをおすすめします。

看護師の単発バイトならMCナースネット
登録はこちら≪MC─ナースネット≫