看護師 副業

単発バイトはMCナースネット

看護師の単発バイト サイトトップ > 単発・スポット > 看護師の副業

注目されている看護師の副業

看護師として働いている方の中には、仕事に余裕が出てきたので、給与アップしたいから副業をしたいと考えている方もいるかもしれません。

そのような方は、最初に就労規則について確認するようにしましょう。特に常勤で働いているような方だと、副業自体が禁止されていることもあります。

一方でアルバイトやパートタイムで働いている方であれば、別の職場でアルバイトの掛け持ちが認められているケースが多くなっています。

看護師の副業ならMCナースネット
MC─ナースネット

副業のメリット・デメリット

看護師の間で副業として単発バイトを行っている人が多いと聞いています。
皆さん、何のために単発バイトを行うのでしょう。

メリットの中にその理由が隠されているのではと思い、同時にデメリットについても調べてみました。
今回は看護師の資格を活用した副業についてスポットを当てていきたいと思います。

副業のメリット

実際に副業をやってみて良かったという理由に「生活が楽になった・自分のお小遣いが増え、気持ちが前向きになった」ということです。

看護師の副業のメリット日勤勤務の看護師さんで収入が少なくて、やりくりが精いっぱいという人が、夜勤を月2回入れたら、余裕ができた。
夜勤は最低でも2万円、繁忙期(ゴールデンウィーク、お盆の時期、年末年始など)になると4万円前後とかなり高額な収入が得られます。

生活の足しに副業をと考えている人には、この夜勤の単発バイトは収入アップにはおすすめになります。

さらに副業のメリットとして、まったく違う職場で働くことで、新鮮さを感じることにもなります。

クリニックで働いていた人が副業として病院、介護施設などで働くことによって、視野が広がったという声も聞きます。

患者層、スタッフも当然異なり、まったく違った空間を感じるのではないでしょうか?

副業のデメリット

メリットについてはおおよそ理解できたところで、デメリットについても見ていきたいと思います。

看護師の復職のデメリット副業は当然のことながら本業あっての副業です。
最初は珍しさと楽しさで行ってきた副業ですが、副業を行うことによって、自分の自由になる時間、休みの時間を削られることになります。

疲れがたまり、本業に支障が出てしまうこともあり得ます。
決して、無理をしないことが副業を続けることにもつながります。

副業ばかりやっていると、そのうち本業の職場にばれてしまうこともあります。
どうしても行動範囲が限られてきてしまい、本業の職場の患者さんが「あの人、○○病院の看護師さんじゃないの?」ということになり、それが本業にも知られることになり、気まづい思いをすることもあります。

副業は本業に支障が出ない範囲で行うことが、長続きの秘訣です。
収入がアップするからと言って、次から次へと入れることがない様に気を付けましょう。

MCナースネットに登録する時も、月〇回程度の単発バイトをお願いします。とあらかじめ伝えておくことも必要ですね。

自分のペースにあった副業ならMCナースネットにお任せ!

看護師の副業ならMCナースネット
登録はこちら≪MC─ナースネット≫

副業を行うにあたっての注意点

副業のデメリットの回避にも繋がることになりますが、今では、副業は暗黙の了解となっているところが多い様ですが、看護師の仕事は体力を必要とされます。
副業を行うと仕事自体、ダブルワークでハードになる一方で、短期間でも仕事を掛け持ちすることで効率よく稼げるチャンスがあります。

例えば半年後に旅行へ行くためにお金を貯めることを目的に、数か月だけ副業をする働き方も可能です。同じ副業でも、人によって働き方は異なります。そのため仕事を掛け持ちするなら、自分に合ったスタイルを見つけることも大切です。

副業を行うのであれば、本業に差しさわりのない程度にしましょう。

公務員の副業

公務員、すなわち国公立病院はそもそも副業は禁止されています。もし、ばれると懲戒免職ということになります。 これは地方公務員法38条に定められているからです。
国公立病院に勤務する看護師は公務員扱いになります。

ただし、

・小規模な農林水産
・一定規模以下の不動産賃貸業(不動産投資)
・貯金や株式投資などの貯蓄、資産運用

といったことは認められています。

民間病院の看護師の副業

では、民間の病院の看護師はどうでしょうか。こちらは副業がばれたら懲戒処分になるかというと、必ずそうとは限りません。

と言っても民間病院側は自分の病院の内部事情や機密が漏洩することを恐れたり、副業を行うことによって、本業に支障が出るといったリスクを考えると副業を制限しているところが多いです。

しかし、ある程度は黙認しているケ―スがほとんどです。
勤務時間外に何をしようが、問われることはありませんが、就業規則で禁じられている場合は問題になります。

ただし、本業に支障が出る様であれば、副業は制限されます。

副業について気を付けること

自分が勤務している医療機関が民間であっても副業が禁止されているかどうかを確かめる必要があります。
就業規則にそのことが明記されている場合には、バレないと思ってもやってはいけません。

本業をおろそかにしない

副業に力を入れすぎて、疲労のあまり本業でミスが続くと問題になります。
何故、こんなにミスが続くの?と調べられ、副業がばれると減給になったりすることもあります。

同僚にあえて言わない

まだまだ看護師は女性社会、副業をやっていることで悪い噂が流れることもありますので、注意をしましょう。

副業選びは慎重に

MCナースネットには単発バイトが数多く掲載されていて、登録する看護師さんも多くいます。

場合によっては職場の人とばったり出会うこともありますので、選ぶ時には注意しましょう。同じ職場の人と同じ単発をやるのでしたら、問題ありませんが。

副業についてのまとめ

副業はメリットが多い様ですが、デメリットもしっかり理解して、行う様にしましょう。

大事なことは確定申告は自分で行うということです。
その際には住民税は自分で納税する様にすることです。そうでないと、本業の給料と副業の所得が合算されて本業の会社に住民税の支払いがいってしまうからです。

副業ならMCナースネット

「何か楽な仕事はないかな」と考えている看護師の方におすすめなのは、MCナースネットです。
MCナースネットでは、常勤だけではなく、短期の派遣や単発バイトなどさまざまな求人情報を扱っています。

単発バイトには、例えば「イベントナースやツアーナース」があります。
修学旅行やスキー合宿、スポーツ大会などのイベントやツアーに帯同するので不定期ではありますが、人手不足でもあるので登録しておくと仕事が回ってくる可能性も高いものです。

楽にできる副業また、旅行費がかからず旅行でき、気分転換が図れることも魅力の一つです。

他には、体力に自信のある人には「夜勤専従」の求人もあります。
一般病棟の常勤だと夜勤もシフトに組まれてしまいますが、その負担を軽減するために夜勤を単発バイトとして求人する医療機関があります。

夜勤専従のよいところは、まず時給が高いことです。
そして、自分の希望する回数や曜日などで勤務できるので、無理なく働くことができます。

MCナースネットでは他にも、「検診ナース」や「デイザービス・デイケア」などの単発バイトの求人もあります。

多種多様な求人があるので、自分の希望に合わせた働き方が見つけることが可能です。
空いている時間に楽なお仕事をしたいという方は、MCナースネットに登録してみるのはいかがでしょうか。

このような副業はMCナースネットにお任せ下さい。

看護師の副業ならMCナースネット
登録はこちら≪MC─ナースネット≫
看護師の副業はMCナースネット